いたくても治る口内炎・夏バテに効く料理

健康は常に意識することが大事。

更新日 2016年02月09日

本日 0pv

合計 284pv


つらい口内炎、いつ治るかわからないのは、どう回避すればいいでしょうか。
用意するものはクエン酸とハチミツ

まずクエン酸を利用しますが、昔から口内炎患部を薬剤で焼くことによって、痛みをなくす方法があります。それを自宅でやる方法は、クエン酸を押し付ける方法。患部を焼いたり消毒することです。

指先を濡らしてクエン酸をつけて、幹部へ押し付けます。しばらく押し付けて、口をすすぎます。クエン酸ですからのんでも構いません。あらかじめ言いますがかなり痛みが伴います。以前口内炎ができたときに、これをやって慣れましたが即効性があります。

余り幹部が深く傷ついていれば痛みが引かない時も。そして傷口を焼く力は弱いですが、口内殺菌剤をつけてみてやってみる方法も。

そのほか優しい方法は、はちみつを患部に塗ります。比較的強い即効性があります。
王内縁派幹部の炎症で、ばい菌との戦いであり、殺菌が大事。これを実践し、うまくいくと次から殺菌の力でほとんど痛みをなくしていくことが可能。

実践した感想は、口をすすいだら、口内炎の痛みが消えていることに驚き。そしてうまくできたとき、患部を舌で触ってみれば変化があるように感じられました。

医学的に夏バテとは、夏に出てくる体の不調を呼びますが、医学的定義はなくて、だるさ、食欲不振以外にめまいや頭痛など、うつ病や冷房証だったりといったことも。

夏バテ気味のときウナギなど精のつくもの。酸っぱいものがいいですが、これは医学的には、汗でビタミン、ミネラルが出て行き、ビタミンb群がたくさん含まれているものを食べてみることは理にかなっているということ。酸っぱいものは消化器系を刺激し食欲もわき、果物であればビタミンcがたくさん含まれていることも多くて効果があるようです。

食事以外に、夏べてになれば大根おろしを背中に乗せてみたり、梅をおへそに貼ったりするようなことで治ったりします。
背中や足の裏には坪があって、無気力、疲労感に効果が。
絡み、苦みなどは刺激による痛覚で、効果があったりします。

ウナギのかば焼きですが、これは夏の代表的なものですが、香ばしい垂れ、ふわっとした身を味わってください。
漬物がありますが、夏不足してくるのはビタミン以外に、塩分も汗で流れて補給する必要が。ですが、食欲がわかない状況で、しょっぱいものを食べるのは難しい。漬物は気軽に食べられて塩分補給でき、涼しい雰囲気にぴったり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)「心のまとめ」plus All Rights Reserved.