心が元気になる食事

元気が無い時に、食べることで元気が出るような食事の紹介です。

更新日 2016年04月28日

本日 0pv

合計 241pv


人間の身体は、食べる事で必要な栄養素が運ばれ、身体やメンタル面を作っていきます。ところが食事の偏りや異常なストレス等で栄養素が偏ったり、不足すると、このような”元気がなく落ち込む”うつ状態に陥ってしまう事があります。

糖を多く使った食品は、食べると血糖値が急に上がり、その反動で今度は下がりすぎ、脳へのブドウ糖の供給を不安定にさせてしまいます。
糖分は避け、炭水化物、タンパク質、ビタミンC、D、Eなどを積極的に。


  出典 image.taspy.jp

脳内物質のセロトニンが不足するとうつ状態になりがちです。不足するセロトニンの濃度を上げるためには、炭水化物は必要となります。また、炭水化物は気分を高揚させてくれるだけでなく、糖分に分解されるため、身体に必要な糖分を補ってくれます。甘いスイーツを摂取する代わりに、炭水化物を摂取して下さい。


  出典 gafpsp.org

ビタミンC

ビタミンCは炭水化物と同様に、セロトニン不足解消に効果的な成分です。ほうれん草やオレンジ、グレープフルーツ等を積極的に摂取しましょう。


  出典 ecx.images-amazon.com

ビタミンD

ビタミンDが不足するとうつ状態になり、ビタミンDが増加すると症状が減少したという研究報告があります。生魚、穀類、卵、キノコ、乳製品を食べましょう。


  出典 avact.info

ビタミンE

ビタミンEが不足すると、不安で落ち込みやすくなるという研究結果がでています。ビタミンEは気持ちを高揚させてくれるだけでなく、抗酸化作用も高く、健康面にも必要不可欠な成分です。多く含まれているのは、卵黄、ナッツ類です。オイルでナッツを炒めて食べる事で更に効果が高まります。


  出典 up.gc-img.net

タンパク質が豊富な食材には、チロシンと呼ばれるアミノ酸が含まれています。チロシンは気持ちを明るく前向きにするドーパミンの濃度を上げてくれます。多く含まれる食材は、豆、脂肪分の少ない牛肉、ヨーグルト、魚等です。

昨日より元気になる「心に効く食事」 - 美的(ビテキ) - X BRAND
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/6301/1.html
疲れてイライラしているとき、チョコを食べたら元気がでた。なんて経験はありませんか? でもそれを繰り返すとストレスは慢性化。心をホントに元気にしたいなら、糖分は避けるのが正解です。とるべきは、たんぱく質、ビタミンB群、鉄分だったんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)「心のまとめ」plus All Rights Reserved.